私の水彩画の練習方法について - 脳トレに水彩画をおすすめする理由

水彩画は漠然と練習しているだけでは上達しない



水彩画はがむしゃらに練習するよりも、描くコツを押さえた上で練習した方が上達は目に見えてスピードアップします。

というより、描き方を意識せずに練習しても意味がありません。下手な絵が何枚もできあがるだけです。



以前は、私も描き方のコツを意識せずに描きたいように描いていました。

当然ながら、ものの影や質感の表現の仕方を全く意識せずに描いていたので、描いても描いても一向に上達せず…。

筆の使い方には多少慣れが出てはきましたが、肝心の絵が上手くなりませんでした。



今思うと当たり前です。
表現の仕方を知らずに描いても、上手くいきません。

その描き方で何度描いても、同じような絵が量産されるだけなんですよね。



そこに気づいてから、一気に上達しました。
と言っても上手だといえるほどの絵は描けませんが、はじめた初期のころに比べると、誰が見ても上達したと思います。

私に水彩画の上達方法について知ったのは、プロの画家である上西先生の水彩画講座がきっかけです。

講座で言われている通り、プロの真似をして描いているうちに、今までの自分の水彩画の描き方や練習方法が全く間違っていたことに気づきました。




1年以上独学でやっていましたが、もっと早くにこの講座を知っていればと思わずにいられません。

そうしたら、もっと早く上達していたはずですから。




とにかく「正しい描き方」での練習を繰り返しました



私が利用した上西先生直伝の講座では、絵のプロである先生自身の描き方のコツを学べます。

実際に、動画を見ながら先生の真似して描けるような工夫がなされているので、直感的に描くコツをつかむことができ、しいては上達に繋がりやすいんですよね。

他のサイトで説明されていた事(初心者がきれいな水彩画を描くにはどうすればよい?)の受け売りですが、まずは正しい描き方のコツを踏まえた上で、さらに水彩画を描く練習を繰り返しました。


プロの描くコツを覚える(先生の描き方を真似することを心掛けました)



講座でだされた題材をはじめ、自分でも色々なものを描いてみる



描き方がわからなくなったら、また講座で同じ事を学びなおす



さらに色々なものを描いてみる

上記を繰り返しました。
講座でコツを学び、実践で生かす…の繰り返しです。

難しそうに思えますが、教えていただいた描き方で描くだけなので、それほど難しいことではありませんでした。

ただ描いているうちに、どうやって描けばよかったのかを忘れたりわからなくなる時があり、そんな場合にはまた講座の内容に戻るようにしました。

そうやって講座での先生の描き方を参考にしつつ、色々な絵を描いているうちにいつのまにか上達していた…という感じです。



いずれにしても練習は必要ですが、描き方のコツを知って描くのと何も考えずに自己流で描くのとでは、上達速度に大きな差がでます。

練習しているのに上達しないという人、なかなか思うようにかけない人は、そもそも描き方自体が悪いのかもしれません。

私が練習に利用したような水彩画専門の講座を利用したり、もし可能なら教室に通ってみるというのも良いでしょう。

描いても描いてもうまくならない理由が、身をもって理解できると思います。




水彩画を短期間で上達させて、趣味として楽しみましょう

水彩画ってほとんどの人は趣味としてはじめると思います。

ただ、上手い人なら描くこと自体を楽しめるため、じゅうぶん「趣味」になっていると思うのですが、下手な場合、趣味というよりは描くことが苦行にもなりえるんです。

描いても下手な絵しか描けないとむしゃくしゃしますし、そんな私を見て、家族にやめたらどうかと言われたこともあるんですよね。

これでは、趣味とは言えません。



ある程度上手く描けなければ、趣味として水彩画を楽しむことは難しいです。なので水彩画を趣味にしたいと決めたのなら、できるだけ効率よく上達させることを考えながら練習しましょう。

上手く描くためには、正しい描き方を知ることです。

上西先生の講座では水彩画を描くコツを知識として頭に入れるだけではなく、応用の仕方まで教えてくれますので、上手な描き方と実践での応用の仕方がきちんと身に付きます。

実際に私自身も、講座の練習で絵を描く以外にも、家にある置物の絵を描いたり風景を描いたりしていますが、以前とは全く作風が変わりました。

それっぽく描くことができるようになったのですよね。
描き方のコツがつかめるようになってからというもの、水彩画がグンと上達しました。



上達のスピードには個人差があると思いますが、これから水彩画をはじめようという人は自己流で頑張ろうとせず、まずは上手い人に教わりましょう。

上西先生の講座では、プロが実践しているコツを身に付けることができるので、無駄な練習を繰り返すことがありません。

水彩画が上手くなりたいと思っている人は、これ以上にない講座だと思います。

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セットの詳細